It's a CD 断捨離 life

思うところがあって、CDを処分することにしました。4半世紀にわたる音楽遍歴の歴史を振り返りながら、今でも鑑賞に耐えうる良い音楽を紹介していきます。主な守備範囲は、ロック、ソウル。

42日目 Stylisticsは名曲多い。

42日目今回も色々
f:id:lyledansyari:20190328202816j:image

 

Best of Stylistics

70年代のディスコブームの時に大人気だったのがStylistics。なんと言ってもこの曲でしょう。全米Popチャート2位のYou make me feel brand new


The Stylistics-You make me feel brand new

タツローさんのカバーも有名


Tatsuro Yamashita - 07 - You Make Me Feel Brand New [On The Street Corner I][1986]

Stylisticsは1968年結成のフィラデルフィアのグループ。フィリーソウル(関連記事)を代表とするグループ。特徴はラッセル・トンプキンズのファルセットボイス。元々フィラデルフィアのローカルなレーベルと契約していたのをトム・ベルが見いだしてプロデューサーになって快進撃。

こちらは1972年全米Popチャート3位のBetcha By Golly, Now


Betcha By Golly Wow- Stylistics

Popチャート14位のアップテンポナンバー


The Stylistics - Rockin' Roll Baby

やはりこういう甘い曲が好きです。全米チャート14位の Let's Put it All together


The Stylistics ~ Let's Put it All Together (1974)

あとは、ギャッツビーのCM曲の元ネタ。全米チャート51位。Can't give you anything but love


The Stylistics - Can't Give You anything but My Love

その後バンドメンバーが入れ変わっていきましたが、活躍を続けております。2018年末も仙台にきて年末に見に行きました。

The Best of the Stylistics

The Best of the Stylistics

 

L.J.Reynolds"Get to This"

L.J.ReynoldsはDramatics(関連記事)の二代目リードシンガー。男性コーラスグループのソロでこれだというアルバムはあまり思いつかないのですが、これは良い作品です。

ストリーミングで聴けるので処分。

Get to This

Get to This

 

King Curtis "Live at filmoreWest"

 関連記事で何回かでている。King Curtisのライブ盤。何回聴いてもいい!

Cornell Dupree (gt、関連記事12,),Jerry Jemmott(B),Bernard Purdie (Dr),Billy Preston (Or、関連記事)Memphis Horns(Staxのバックでホーンを担当していた人達)を従え、最高のテンションで最高の演奏を聴かせてくれます。そういえば、Sam CookeのLive at Harlem Square Garden(関連記事)のサックスもKing Curtisです。

 

ライヴ・アット・フィルモア・ウェスト

ライヴ・アット・フィルモア・ウェスト

  • アーティスト: キング・カーティス
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2013/04/24
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

The Moments

この前もでてきたような、、、Sylvia Robinsonがプロデュースしたと言うところです(関連記事)あっ、もう一枚持っていたんだ(関連記事

The Best Of The Moments: Love On A Two-Way Street

The Best Of The Moments: Love On A Two-Way Street

 

Otis Redding "Dictionary of Soul"

 ソウルの王様Otis Redding、これは名盤ですね。一曲目のFa-Fa-Fa-Fa-Fa (Sad Song)からしびれます。


Otis Redding - Fa-Fa-Fa-Fa-Fa (Sad Song) (1966)

Try a Little tendernessも良いし


Otis Redding - Try A Little Tenderness [Best Quality Version]

My Lover's Prayerも素晴らしい


Otis Redding - Lover's Prayer

 

The Otis Redding Dictionary Of Soul : Complete & Unbelievable

The Otis Redding Dictionary Of Soul : Complete & Unbelievable

 

Erykah Badu Live

ニューソウルのEryka Badu。大学時代よく聴いたなー。

ライヴ

ライヴ

 

Babyface "Unplugged NYC 1997"

これも流行った!一時期はBaby Faceがプロデュースすればなんでも大当たりだったな。(流行りすぎていてあんまり買わなかったけど、ボビー・ブラウンやTLC、マライア・キャリーなんかはやっぱり聴かなかったです)でもこのライブはかっこいい!

MTV アンプラグド : ベイビーフェイス

MTV アンプラグド : ベイビーフェイス

  • アーティスト: ベイビーフェイス,スティービー・ワンダー,エリック・クラプトン,シャニース・ウィルソン,ビバリー・クラウダー,K-CI&JOJO,メルビン・アンド・ケボン・エドモンズ
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックレコーズ
  • 発売日: 1997/11/27
  • メディア: CD
  • クリック: 10回
  • この商品を含むブログ (17件) を見る
 

Eccentric Soul "The Capsoul Lavel"

これはなんで持っているんだろう?ライナーを見ると、70年代にオハイオ州シンシナティでつくられた小さなレーベルらしい。シンシナティはこちら

 モータウン風だがちょっと南部の香りが入っているのは地理的な為か??

こういうシングル盤がイギリスのノーザンソウルとしてイギリスで流行ったんじゃないかな。映画ノーザンソウル観たい。この辺をタツローさんに聞いてみよう。

 

Eccentric Soulのシリーズは良いのがたくさんでている、欲しくなってきた。

 

www.discogs.com

エキセントリック・ソウル:ザ・キャプソウル・レーベル・ヒストリー

エキセントリック・ソウル:ザ・キャプソウル・レーベル・ヒストリー

 

 

Rare Collection  And Soulful

 これもなんで買ったか憶えていない。私にとってRCAレコードと言えば、このRCAブルースの古典なんだがこれはレーベルのRCAとは関係ない模様。

RCAブルースの古典

RCAブルースの古典

  • アーティスト: オムニバス,ファリー・ルイス,フランク・ストークス,スリーピー・ジョン・エスティス,サン・ボンズ,メンフィス・ミニー,メンフィス・ジャグ・バンド,トミー・ジョンソン,キャノンズ・ジャグ・ストンパーズ,ダディ・ストーヴパイプ&ミシシッピー・サラ,ウォッシュボード・サム
  • 出版社/メーカー: BMG JAPAN
  • 発売日: 2004/08/25
  • メディア: CD
  • クリック: 7回
  • この商品を含むブログ (7件) を見る
 

 

こちらは単純に頭文字をとってRCAとしてるんだな。関連記事にも書いたが、その後色々資料をあさってみると、イギリスの北部でアメリカのソウルをかけて踊りまくっていた「ノーザン・ソウル」northernsoul-film.com

これはポップで踊れるモータウンのようなサウンドを指している様子であんまり地理的に関係ないみたい。このアルバムもダンスチューンです。

 

RARE COLLECTABLE AND SOULFUL

RARE COLLECTABLE AND SOULFUL

 

ケツのデモ

 こちらも高値がついてます。ライブ会場でかったかな。PUNK!PUNK!PUNK!と言う曲はブルーハーツのカバーかと思った!

 

 

 

 

 今回は3/10 通算102/354 残したモノ/チェックしたモノ

 

 

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村