It's a CD 断捨離 life

思うところがあって、CDを処分することにしました。4半世紀にわたる音楽遍歴の歴史を振り返りながら、今でも鑑賞に耐えうる良い音楽を紹介していきます。主な守備範囲は、ロック、ソウル。

山下達郎サンデーソングブック ジャパニーズ・ロック5 1998年12月6日オンエア

ファンクラブの会報誌タツローマニアを読んでいたら興味深い特集がありました。

 

 

竹内まりや "カムフラージュ"

前回同様プロモーションでしょう。1998/11/18 Single

荒井由実"雨の街を" 


Best Audio Diva - AMENO MACHI WO -

キャロル”ルイジアンナ" 

矢沢永吉。後で出てくる宇崎竜童とはライバル関係だった??


キャロル ルイジアンナ

ファニー・カンパニー"スウィート・ホーム大阪"

桑名正博さんがボーカルギター。「東のキャロル。西のファニーカンパニー」と言われるくらいの人気だったと、

桑名正博さんは2012年10月26日なくなっていますね。

ブルース


スウィートホーム大阪 / ファニー・カンパニー(Early Version from 1st LP「FUNNY COMPANY」)

桑名さんの印象はこちらかな

タツローさんも78-79年に桑名正博が大きくブレイクしたとあります(タツローマニア15 1995秋)ロックが商売として成り立った(タツローマニア 16 1996春)


「セクシャルバイオレットNo.1」 桑名 正博

この頃の話も興味深くてタツローマニア37 2001年春の小杉理宇造さんのインタビューでChar、桑間正弘、YMOも売れると「裏切り者」とレッテルを貼れれたとある。

サディスティック・ミカ・バンド "何かが海をやってくる"

加藤和彦のバンドの印象が強い。そうかぁ、なくなってから10年以上経つのか。

WIKIが詳しい。

ja.wikipedia.org


高中正義弾きまくり 何かが海をやってくる サディスティックミカバンド

サディスティック・ミカ・バンド/タイムマシンにおねがい

 


サディスティック・ミカ・バンド/タイムマシンにおねがい Time Machine Ni Onegai(1974年)

ダウン・タウン・ブギウギ・バンド ”スモーキン・ブギ”

宇崎竜童のバンド。つなぎをきてヒットさせて1974年スモーキン・ブギ。「アンタあの娘の何なのさ」の1975年に港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカなどがヒット。


「スモーキン’ブギ」ダウン・タウン・ブギウギ・バンド 3rdシングル from album "続 脱・どん底" 1975年

しかしどの流れでこれなのか?阿木燿子さん作詞での山口百恵さんへの楽曲提供のはなしか、サザンオールスターズの桑田佳祐さんがファンと公言しているから故のんガレがあったのか、、、バンド名がサディスティックミカバンドに対抗したという話か、タツローさん氣志團好きだと行っているから実はこちらも好きだと言っていたのか。。。

カルメン・マキ & OZ"私は風"

 

うーん、どんな流れが分からないけど。このカルメン・マキ+OZ時代に春日博文さんがギターで参加しており、RCサクセションや仲井戸麗市と活動していることが関係しているのかも?

このYouTubeは音悪いです。


カルメン・マキ&OZ 私は風'76

外道"ビュンビュン"

加納秀人さんが中心のバンド。こちらもサンデーソングブック聞いていないから流れが分からないな、、、

ドラマーのそうる透さんとの活動あり

タツローマニア59(2006年秋)1974年8月8日のワンステップフェスティバルに外道の後に演奏したとある。外道→シュガー・ベイブ→センチメンタル・シティ・ロマンス→はちみつぱい

とうながれだったと。


ビュンビュン/外道(1974)

四人囃子"一触即発" 1974『一触即発』

日本のプログレと言えばバンドが出てくる。

まだ現役の様子

www.4nin.com


YONINBAYASHI - B01 - Isshoku Sokuhatsu

金太の大冒険の演奏が四人囃子らしいが、、、

 

シュガー・ベイブ/Down Town 1975『Songs』

 

 

 

 

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

 

Sylvia Robinson 特集 山下達郎サンデーソングブック 2011年10月16日

  

タツローマニア80(2011年冬)を読んでいたら興味ひかれる特集がありました.

以前ちょっと書きました。

 

www.itsacddansyarilife.work

 

Sylvia  Robinson"Pillow Talk"  1973


Sylvia Robinson - Pillow Talk 1973 (Remastered audio)


The Moments "My Thing"


MY THING / THE MOMENTS


The Whatnauts  "I'll Erase Away Your Pain" 


The Whatnauts - I'll Erase Away Your Pain

 

The Moments  "Sexy Mama" 1973


Moments – Sexy Mama (Soul Train) 1973


The Moments with Sylvia "Sho Nuff Boogie"  1975


Sylvia (1976) Sho Nuff Boogie

Slyvia "Sweet Stuff"


SYLVIA - SWEET STUFF

 

Sylvia  "Lay It On Me"


Sylvia - Lay It On Me

 

The Moments  "Next Time That I See You~Yogi Says Goodbye"


The Moments - Next Time I See You


amzn.to

 

Sylvia " Rastaman"

 

うーん、レゲエ関係なのか?こちらに入っているようだが

amzn.to

 

 備忘録を兼ねてまた書きます。

 

関連記事

 

www.itsacddansyarilife.work

 

 

www.itsacddansyarilife.work

www.itsacddansyarilife.work

www.itsacddansyarilife.work

www.itsacddansyarilife.work

 

 

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

 

山下達郎サンデーソングブック ジャパニーズ・ロック4 1998年11月29日オンエア

ファンクラブの会報誌タツローマニアを読んでいたら興味深い特集がありました。

 

 

竹内まりや"カムフラージュ" 

プロモーションでしょう。


カムフラージュ - 竹内まりや(フル)

 

吉田拓郎"人間なんて" 

ジャケットみただけで、ソウル好きなのが分かるのだが、これは当時どのくらい知られていたのだろうか?インタビューなどでソウル大好きと言ってます。


吉田拓郎/人間なんて

 

吉田拓郎"今日までそして明日から" 


『今日までそして明日から』吉田拓郎

泉谷しげる"春夏秋冬" 

 


泉谷しげる 春夏秋冬 1972 歌詞付

 

この辺の話は、

古井戸"ちどり足" 

仲井戸麗市と加奈崎芳太郎のデュオ。

 


古井戸 - ちどり足 (Furuido - chidori ashi)

 参考資料

ぼくの好きなキヨシロー

ぼくの好きなキヨシロー

 

 

 

はっぴいえんど"12月の雨の日"

 


Happy End - はっぴいえんど - 07 12月の雨の日

 

はっぴいえんど"かくれんぼ" 


はっぴいえんど - かくれんぼ (1970)

 

遠藤賢司"カレーライス" 


遠藤賢司 カレーライス

RCサクセション"ぼくの好きな先生" 

忌野清志郎+仲井戸麗市


ETP-2599 RC・サクセション/ぼくの好きな先生

はちみつぱい"煙草路地" 

あがた森魚のバックバンド。後にムーンライダースを結成する鈴木慶一。

 

後に椎名和夫が加入。(山下達郎のツアーバンドに参加やRCサクセションズの『雨上がりの夜空に」のアレンジが有名


はちみつぱい / 煙草路地

吉田拓郎"結婚しようよ"


吉田拓郎 - 結婚しようよ

井上陽水"傘がない" 


傘がない 井上陽水 2016 5

 

 

ガロ"学生街の喫茶店"

どういう流れでこの人達が出てきたのだろう??すぎやまこういち作曲

タツローマニア66(2008年夏)の牧村憲一さんのインタビュー

第二次かぐや姫になったところころで

ガロの「学生街の喫茶店」がもの凄くヒットしていて、負けたくないと思って、すぎやまこういちさんに頼みに言ったら、カントリーフレーバーになったので、違うと思ったので作ったのが「神田川」。元ジャックスの木田高介さんがサウンド作りにさんかして、読んだのがはちみつぱいの武川雅寛さん

ガロがC.S&Nならばグレイトフルデッド行こうとなった。


ガロ 「学生街の喫茶店」

大瀧詠一とココナツ・バンク"ココナツ・ホリデイ"

YouTubeのものは音が悪いので音源なしで、こちらはどんな流れだったのだろう?? 

 参考資料

日本フォーク私的大全 (ちくま文庫)

日本フォーク私的大全 (ちくま文庫)

 
ぼくの好きなキヨシロー

ぼくの好きなキヨシロー

 

また備忘録を兼ねて

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

 

山下達郎サンデーソングブック スイートソウル特集  2003年11月23日オンエア

ファンクラブの会報誌タツローマニアを読んでいたら興味深い特集がありました。

 

 

 




山下達郎 "クリスマス・イブ  "

これは2003年にリマスターしたはずなのでプロモーションでしょう。


 Blue Magic"Sideshow"


Blue Magic - Sideshow


The Moments "Look At Me"  


Look At Me I'm In Love The Moments

Harry Ray "Sweet Baby"


Harry Ray - Sweet Baby

 

 

Smokey Robinson "Tracks Of My Tears" 


The Tracks of My Tears - Smokey Robinson & The Miracles

The Top Shelf "Let Them Keep On Talking" 

これかな?いまいち自信なし。


LET THEM KEEP ON TALKING - TOP SHELF

The Four Mints  "You're My Desire "

あんまり音良くない。


The Four Mints - You're My Desire 1973

The First Class"Coming Back To You"


first class coming back to you



今回のプレイリストはこちら

 

 また備忘録を兼ねて。

 

関連記事

 

www.itsacddansyarilife.work

 

www.itsacddansyarilife.work

 

www.itsacddansyarilife.work

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

 

スウィートソウル特集(2020年10月11日山下達郎サンデーソングブック)

 

 

 

 

非常に良かったので備忘録を兼ねて。

あちらスィートソウルとかの名称は全て造語であったと述べていますね。

で"Quiet Storm"とか"Slow jam"と呼ぶらしいです。Melvin LindseyというワシントンのDJがかけたらしいです。

 

FIRST CLASS ”COMING BACK TO YOU"

ボルティモア出身の4人組。ニュージャージーでGeorge KerrとSylvia Robinsonのプロデュース。バージョンとは違うとのこと。「サンソンでしかかかりません」と言っていました。


first class coming back to you

こちらのP81にありますね。

 

MORNING AFTER "HE WHO LAUGHS LAST LAUGHS"

 フィラルデルフィアの幽霊グループではないか?プロデューサーがJohn Davis。1976年全米チャート98位に引っかかった。


Monday After - He Who Laughs Last Laughs The Best

CONTINENTAL FOUR "LOVING YOU (IS THE NEXT BEST THING TO HEAVEN)" 

フィラデルフィアのグループ。キャリア末期。NY録音。プロデュサーがPatrik Adams。NYダンスシーンの重鎮、

 


The Continental IV - Loving You Is The Next Best Thing To Heaven

70年代中期がアナログオーディオの全盛期だった。

THE INTRIGUES  "IN A MOMENT"

フィラデルフィアのグループ。R&Bチャート10位(1969年)、プロデュースは マーティン&ベル(Bobby martin & Tom Bell"だろう。)


Intrigues In A Moment [Full]

J.KELLY & THE PREMIERS  "SHE CALLS ME BABY" 

74年。シグマサウンドのレコーディング。


J Kelly & The Premiers - She Calls Me Baby [7"] - 1973

THE ELUSIONS "I'D LIKE TO SAY I LOVE YOU"

NY録音。Michael Zagerプロデュースなので録音は大丈夫とのこと。

 


Elusions "I'd Like To Say I Love You" Epic - 1977



以前のスウィートソウル特集はこちら

 

www.itsacddansyarilife.work

www.itsacddansyarilife.work

 

 

 

備忘録を兼ねて,アップします。

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

 

山下達郎サンデーソングブック ジャパニーズ・ロック3 1998年11月22日オンエア

ファンクラブの会報誌タツローマニア28を読んでいたら興味深い特集がありました。

 

 

前回までロカビリーブーム→GSがでてきて、フォークという事だった(関連記事は書き)

竹内まりや ”カムフラージュ”

こちらは宣伝だったのだろう。


カムフラージュ ( 竹内まりや )

 

高田渡 "朝日楼"

アニマルズ風のイントロか始まってジョニーキャッシュ風のベースラインから始まる一曲。1969年作品


高田渡・岩井宏 朝日楼

1969『汽車が田舎を通るそのとき』*1

加川良 "教訓"

1971年


加川良 「教訓 I」 Kagawa Ryo "Kyokun I" (Lesson One)

 

友部正人 "一本道"

1973年


友部正人 一本道 EP盤1972年

岡林信康 "私たちの望むものは"

1970年。スタジオ版のバックははっぴぃえんど。

そうなるとロックの草分けという立ち位置だったか。この映像は映画か?

タツローマニア30に、蒼氓の中にカーティスメイフィールドの"People Get Ready"や岡林信康の"私たちの望むものは"を挿入した。と書いてあり

「岡林信康があの頃作った歌のいくつかは、日本では数少ない、ある種ゴスペル的な高みを持った歌だったと思う。ああした歌には真実があった。岡林信康酸の父親は牧師さんらしい。

(蒼氓には、Rascalsの"Ray of Hope"とかBlowin' In the Wind(bob Dylan),岡林信康の「友よ」、U2 などが挿入された事があります、タツローマニア105にも岡林信康の本当に好き、とあります。)

タツローマニア58日は愛用のギルドD50はもともと岡林信康酸が使っていて、椎名和夫さんを経由して自分の手元にきた。とあります。

またタツローマニア96では岡林信康の歌詞の形が好きとあります。

 


HAPPY END はっぴいえんど 岡林信康 私たちの望むものは

 

西岡恭蔵 "サーカスにはピエロが"

1972年


西岡恭蔵 「サーカスにはピエロが」

 

西岡恭蔵 "プカプカ"

名曲。1972年。タツローマニア48に「象狂象と名乗っていたとき、「プカプカ」を歌っていた。

エンターテイメントじゃないんだよね、一切。ひたすら淡々と歌い続ける人なんだ。ビジュアル的にも、どっかの学生みたいなもつさりした感じでさ、ガタイが大きくて、小太りでね。だけど、その歌の世界が実にいいの。歌はうまいし、作曲能力もすごく優れていた

 


西岡恭蔵 『プカプカ』 1971年

 

あがた森魚 "赤色エレジー"

1972年


あがた森魚 赤色エレジー

 

及川恒平 ”面影橋から"


及川恒平 - 面影橋から

 

六文銭 "雨が空から降れば"

1971年。小室等


小室等「雨が空から降れば」(1974年ライブ)

 

はっぴいえんど ”春よ来い”

1970年作品。BURUTUS SONGBOOKにもあるが、「日本語でロックを歌うということに関しては圧倒的にはっぴぃえんどの影響が大きい」

細野晴臣、大滝詠一、松本隆、鈴木茂。すごいメンツ。

時系列の整理

1969年9月、細野晴臣、大瀧詠一、松本隆で「ヴァレンタイン・ブルー」を結成。その後、鈴木茂(ギター)が参加し、10月28日に初ステージをおこなう。

1970年、「ヴァレンタイン・ブルー」のアルバム制作が決定。その直後に岡林信康のバック・バンドの依頼を受ける(これが上記)。

1970年3月、「はっぴいえんど」に改名。遠藤賢司『niyago』に参加(大瀧詠一は不参加)。

岡林信康『見るまえに跳べ』のレコーディング参加、ファースト・アルバム『はっぴいえんど』を出すという流れ


Happy End - はっぴいえんど - 01 春よ来い

 

 松本隆さんはタツローマニア26で「松本隆、詩と山下達郎を語る」という特集がありますね。ここの「達郎、松本隆の詩を語る」も面白い。

 この中で「岡林信康、高石友也、友部正人などの歌詞を、松本さんはすごく食欲に、しかも素直に受け止めたんだよ。それで、自分に何ができるかを出していったのが、結局、彼の作詩家としての歴史なわけで、それはすごくわかったしね、話してて。」とある。

もう少し進むと

歌謡曲とかグループサウンズの荒 唐無稽な歌とは全然違う、思想のある歌なの。
それは一連のプロテスト・ソングともまた違った、 もっと内省的で、四畳半というにはちょっと渇い た、後のフォークとも違う流れのもっとも東京的 な、我々のテイストにいちばん近いものがはつぴいえんどだったんだよ。

タツローさんはタツローマニア53で

早川義夫の「格好良いことはなんて格好悪いんだろう」も聞いていた。サルビアの花がよい。加川良、三上寛、遠藤賢司、友部正人あたりは一通り聞いた。ジャックスは好きだった。

武蔵野たんぽぽ団、高田渡なんかもきいた。
彼らはボブディラン、ミシシッピジョンハートなんかだけど、我々はビーチボーイズとかラスカルズ、ラヴィン・スプーンフル。

中川五郎の「僕のベッドにおいでよ」
西岡たかしの「遠い世界に」とかフォーク・クルセイダーズのようなオリジナルの素晴らしい曲が生まれている。
はしだのりひことシューベルツの「風」なんかも名曲

と書いてありました。

 

もう少し続きます。

 

 

 

www.itsacddansyarilife.work

 

 

www.itsacddansyarilife.work

 

 

www.itsacddansyarilife.work

 

 

 にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

 

山下達郎の「好きなライブ・アルバム」タツローマニア115(2020年秋)

 

 

 

興味深い記事があったので、以外と山下達郎さんの好きなライブ盤ってなかったんだ。

The Four Freshmen "In Person Volume.2"

 「4人で演奏しながらハモるのがすごい」

More Four Freshmen & Five Trombones / In Person 2

More Four Freshmen & Five Trombones / In Person 2

  • アーティスト:Four Freshmen
  • 発売日: 2002/05/07
  • メディア: CD
 

 

Sam Cooke "Live at the harlem square Club 1963"

 「サウンドストリーでアルバム全曲流したこともあった」

Live at the Harlem Square Club 1963

Live at the Harlem Square Club 1963

  • アーティスト:Cooke, Sam
  • 発売日: 1990/10/25
  • メディア: CD
 

The Ventures "Ventures in Japan"

 東京厚生年金会館のライブ盤・「実は8ビートの方が16ビートより難しい」

ベンチャーズ・イン・ジャパン(紙ジャケット仕様)

ベンチャーズ・イン・ジャパン(紙ジャケット仕様)

  

Donny Hathaway "Live"

 演奏メンバーがすごい。It's a poppin' timeはこのコンセプトはこのライブ。

Live [12 inch Analog]

Live [12 inch Analog]

  • アーティスト:Hathaway, Donny
  • 発売日: 2012/12/04
  • メディア: LP Record
 

Four Tops "Live & In Concert""

 レコーディングと同じ錚々たるメンバーでやっている。

Live & in Concert

Live & in Concert

  • アーティスト:Four Tops
  • 発売日: 1995/12/05
  • メディア: CD
 

U2 "Rattle and Hum"

 これも本当に好きで、聞き倒したライブ。

 

U2 魂の叫び [Blu-ray]

U2 魂の叫び [Blu-ray]

  • 発売日: 2006/12/22
  • メディア: Blu-ray
 

 

2020年10月11日の放送で見に行ったベストライブは、ホリーズ、フリー、ジャクソン・ブラウンとのことでした。

ぼちぼち復活して行きます。

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村