It's a CD 断捨離 life

思うところがあって、CDを処分することにしました。4半世紀にわたる音楽遍歴の歴史を振り返りながら、今でも鑑賞に耐えうる良い音楽を紹介していきます。主な守備範囲は、ロック、ソウル。

Sweet Soulで棚からひとつかみ 山下達郎のサンデーソングブック 2020年11月29日

 

 

 

山下達郎 "ヘロン"

これはリクエストでした。

 

J.R.BAILEY "LOVE,LOVE,LOVE" 

ダニーハサウェイのカバーが有名。全米ソウル31位。


J R BAILEY LOVE LOVE LOVE

 

 

SMOKEY ROBINSON & THE MIRACLES "WE'VE COME TOO FAR TO END IT NOW"

ジョニーブリストルプロデュース。全米ソウル9位

HPはSPOTIFYで選んだジャケットだったな、配信でしか聞けないらしい(未CD化)

無敵のスモーキーロビンソン


WE'VE COME TOO FAR TO END IT NOW - SMOKEY ROBINSON & THE MIRACLES

 

CHOCOLATE SYRUP "WHO YOU TRYIN' TO FOOL GIRL" 

4人組。後のDramaticsのL.J.Reynoldsが所属。1971年・これYouTubeでしかないんだよなと思ったら、CDになっていないらしい。


WHO YOU TRYIN TO FOOL GIRL - CHOCOLATE SYRUP

 

LOVE COMMITTEE "I WANNA MAKE LOVE TO YOU"

フォラデルフィア。元Ethics。Ron Tysonが在籍(後にテンプテーションズ)この辺はコチラに書いてある。

こちらはCD化されているけど、配信にはないか、、

LOVE COMMITTEE

LOVE COMMITTEE

  • アーティスト:LOVE COMMITTEE
  • 発売日: 2011/04/20
  • メディア: CD
 

 


Love Committee - I Wanna Make Love To You

REDD HOTT "YOU FOR ME" 

ジョージカープロデュース、1982年にアルバム"No.1"一枚だけ

鈴木啓志さんの調査ではインディアナポリスの、Man Childがニュージャージーにたどり着いてこのグループになった??ケニー・エドモンズ(後のベイビー・フェイス)、レジー・グリフィンが在籍。


Redd Hott - You For Me

ENCHANTMENT "DON'T FIGHT THE FEELING"

1983年デトロイトのグループ。ジョージ・カーのグループ


Enchantment = Don't Fight The Feeling

THE ISLEY BROTHERS "!LET ME DOWN EASY"

Between the sheetsがかかると思ったらこっちだった!これも名曲。


Let Me Down Easy - The Isley Brothers

今回は少なかったな

 

 

 

関連記事はこちら

 

 

www.itsacddansyarilife.work

www.itsacddansyarilife.work

www.itsacddansyarilife.work

www.itsacddansyarilife.work

 

 

www.itsacddansyarilife.work

www.itsacddansyarilife.work

www.itsacddansyarilife.work

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

 

山下達郎サンデーソングブック Doo Wopで棚からひとつかみ(2020年10月28日オンエア)

 

 

今回も良かった。備忘録を兼ねて。筒美京平追悼はまた別の機会と。

50-60年代に流行ったグループ。元々黒人だが、白人がカバーしだして混成のものも出てきた。

水口晴幸 "DRIVE ME CRAZY" 

筒美京平作曲
山下達郎編曲

ラジオはこのバージョンじゃなかった気がする。


元 クールス PITPI /水口晴幸♪Drive Me Crazy

多分こっちのバージョンだ。


水口晴幸 drive me crazy

THE CHORDS  "SH-BOOM" 

超有名曲。ロックンロールの源流。全米2位。The Crew-Cutsがカバーして全米1位。

タツローさんは、AtlanticのHistory of Rythm & Bluesでノックアウトされた。Jim Pewterのラジオで、人生が変わってしまった。トムダウド。

これはここにも書いてあります。

www.pia.co.jp

亀渕昭信さんの話にもでてきた。

www.fussa45.net


このParadise Pupという歌詞を聞くとシカゴののバーガー屋を思い出す。(以前のブログよりIt's a american life: Paradise Pup


The Chords - Sh-Boom [Full HD - 1080p]

 


The Crew Cuts - Sh-Boom


THE PARAMOUNTS "WHY DO YOU HAVE TO GO" 

テネシーのグループ。ボーカルはRobert Knight (このとき10代)のちに"Everlasting Love"をヒットさせる。デルズのカバー。ナッシュビルなので音が良い。


PARAMOUNTS- WHY DO YOU HAVE TO GO

THE KEYSTONERS "THE MAGIC KISS"

フィラデルフィアのグループ。 Epicのバージョンが音が良い。

白人のグループらしい。一言「うまい」と、言ったのが印象的。


The Keystoners - The Magic Kiss [1956] (Philadelphia Doo Wop)

MAD LADS  "WHY"  

ハリウッドのグループ。Staxの同名グループとは別物。H.B.Barnumが参加?

以前はyoung starsと名乗っていた??


The Mad Lads Why

THE WHIRLWINDS  "HEARTBEAT" 

フィラデルフィアのグループ。Young Elisこれが鈴木啓志さんによるとTrumpsのEarl Young とJimmy Elisであるという見立て、Bunny Sigerも参加していた?

Mr.Bassmanを彷彿とさせる。


The Whirlwinds - Heartbeat [1963] (Doo Wop)

THE CASTELLES  "THIS SILVER RING" 

フィラデルフィアスウィートソウルの源流。George Grantボーカル。


CASTELLES This Silver Ring 78 1954

NOLAN STRONG & THE DIABLOS "CAN'T WE TALK THIS OVER" '57

オンスト2のWindの元曲を歌ったグループ。 


Nolan Strong and The Diablos - Can't We Talk This Over - Gorgeous Detroit Doo Wop Ballad

THE SERENADERS "I'LL CRY TOMORROW" '64

 


I'LL CRY TOMORROW, The Serenaders, (Rare) V.I.P. #25002 1964

 

 

関連記事

www.itsacddansyarilife.work

www.itsacddansyarilife.work

www.itsacddansyarilife.work

www.itsacddansyarilife.work

www.itsacddansyarilife.work

www.itsacddansyarilife.work

www.itsacddansyarilife.work

www.itsacddansyarilife.work

 Doo Wop Nuggetsは4,5,6が2021年でせるかも??楽しみです。

 

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

山下達郎サンデーソングブック ジャパニーズ・ロック5 1998年12月6日オンエア

ファンクラブの会報誌タツローマニアを読んでいたら興味深い特集がありました。

 

 

竹内まりや "カムフラージュ"

前回同様プロモーションでしょう。1998/11/18 Single

荒井由実"雨の街を" 


Best Audio Diva - AMENO MACHI WO -

キャロル”ルイジアンナ" 

矢沢永吉。後で出てくる宇崎竜童とはライバル関係だった??


キャロル ルイジアンナ

ファニー・カンパニー"スウィート・ホーム大阪"

桑名正博さんがボーカルギター。「東のキャロル。西のファニーカンパニー」と言われるくらいの人気だったと、

桑名正博さんは2012年10月26日なくなっていますね。

ブルース


スウィートホーム大阪 / ファニー・カンパニー(Early Version from 1st LP「FUNNY COMPANY」)

桑名さんの印象はこちらかな

タツローさんも78-79年に桑名正博が大きくブレイクしたとあります(タツローマニア15 1995秋)ロックが商売として成り立った(タツローマニア 16 1996春)


「セクシャルバイオレットNo.1」 桑名 正博

この頃の話も興味深くてタツローマニア37 2001年春の小杉理宇造さんのインタビューでChar、桑間正弘、YMOも売れると「裏切り者」とレッテルを貼れれたとある。

サディスティック・ミカ・バンド "何かが海をやってくる"

加藤和彦のバンドの印象が強い。そうかぁ、なくなってから10年以上経つのか。

WIKIが詳しい。

ja.wikipedia.org


高中正義弾きまくり 何かが海をやってくる サディスティックミカバンド

サディスティック・ミカ・バンド/タイムマシンにおねがい

 


サディスティック・ミカ・バンド/タイムマシンにおねがい Time Machine Ni Onegai(1974年)

ダウン・タウン・ブギウギ・バンド ”スモーキン・ブギ”

宇崎竜童のバンド。つなぎをきてヒットさせて1974年スモーキン・ブギ。「アンタあの娘の何なのさ」の1975年に港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカなどがヒット。


「スモーキン’ブギ」ダウン・タウン・ブギウギ・バンド 3rdシングル from album "続 脱・どん底" 1975年

しかしどの流れでこれなのか?阿木燿子さん作詞での山口百恵さんへの楽曲提供のはなしか、サザンオールスターズの桑田佳祐さんがファンと公言しているから故のんガレがあったのか、、、バンド名がサディスティックミカバンドに対抗したという話か、タツローさん氣志團好きだと行っているから実はこちらも好きだと言っていたのか。。。

カルメン・マキ & OZ"私は風"

 

うーん、どんな流れが分からないけど。このカルメン・マキ+OZ時代に春日博文さんがギターで参加しており、RCサクセションや仲井戸麗市と活動していることが関係しているのかも?

このYouTubeは音悪いです。


カルメン・マキ&OZ 私は風'76

外道"ビュンビュン"

加納秀人さんが中心のバンド。こちらもサンデーソングブック聞いていないから流れが分からないな、、、

ドラマーのそうる透さんとの活動あり

タツローマニア59(2006年秋)1974年8月8日のワンステップフェスティバルに外道の後に演奏したとある。外道→シュガー・ベイブ→センチメンタル・シティ・ロマンス→はちみつぱい

とうながれだったと。


ビュンビュン/外道(1974)

四人囃子"一触即発" 1974『一触即発』

日本のプログレと言えばバンドが出てくる。

まだ現役の様子

www.4nin.com


YONINBAYASHI - B01 - Isshoku Sokuhatsu

金太の大冒険の演奏が四人囃子らしいが、、、

 

シュガー・ベイブ/Down Town 1975『Songs』

 

 

 

 

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

 

Sylvia Robinson 特集 山下達郎サンデーソングブック 2011年10月16日

  

タツローマニア80(2011年冬)を読んでいたら興味ひかれる特集がありました.

以前ちょっと書きました。

 

www.itsacddansyarilife.work

 

Sylvia  Robinson"Pillow Talk"  1973


Sylvia Robinson - Pillow Talk 1973 (Remastered audio)


The Moments "My Thing"


MY THING / THE MOMENTS


The Whatnauts  "I'll Erase Away Your Pain" 


The Whatnauts - I'll Erase Away Your Pain

 

The Moments  "Sexy Mama" 1973


Moments – Sexy Mama (Soul Train) 1973


The Moments with Sylvia "Sho Nuff Boogie"  1975


Sylvia (1976) Sho Nuff Boogie

Slyvia "Sweet Stuff"


SYLVIA - SWEET STUFF

 

Sylvia  "Lay It On Me"


Sylvia - Lay It On Me

 

The Moments  "Next Time That I See You~Yogi Says Goodbye"


The Moments - Next Time I See You


amzn.to

 

Sylvia " Rastaman"

 

うーん、レゲエ関係なのか?こちらに入っているようだが

amzn.to

 

 備忘録を兼ねてまた書きます。

 

関連記事

 

www.itsacddansyarilife.work

 

 

www.itsacddansyarilife.work

www.itsacddansyarilife.work

www.itsacddansyarilife.work

www.itsacddansyarilife.work

 

 

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

 

山下達郎サンデーソングブック ジャパニーズ・ロック4 1998年11月29日オンエア

ファンクラブの会報誌タツローマニアを読んでいたら興味深い特集がありました。

 

 

竹内まりや"カムフラージュ" 

プロモーションでしょう。


カムフラージュ - 竹内まりや(フル)

 

吉田拓郎"人間なんて" 

ジャケットみただけで、ソウル好きなのが分かるのだが、これは当時どのくらい知られていたのだろうか?インタビューなどでソウル大好きと言ってます。


吉田拓郎/人間なんて

 

吉田拓郎"今日までそして明日から" 


『今日までそして明日から』吉田拓郎

泉谷しげる"春夏秋冬" 

 


泉谷しげる 春夏秋冬 1972 歌詞付

 

この辺の話は、

古井戸"ちどり足" 

仲井戸麗市と加奈崎芳太郎のデュオ。

 


古井戸 - ちどり足 (Furuido - chidori ashi)

 参考資料

ぼくの好きなキヨシロー

ぼくの好きなキヨシロー

 

 

 

はっぴいえんど"12月の雨の日"

 


Happy End - はっぴいえんど - 07 12月の雨の日

 

はっぴいえんど"かくれんぼ" 


はっぴいえんど - かくれんぼ (1970)

 

遠藤賢司"カレーライス" 


遠藤賢司 カレーライス

RCサクセション"ぼくの好きな先生" 

忌野清志郎+仲井戸麗市


ETP-2599 RC・サクセション/ぼくの好きな先生

はちみつぱい"煙草路地" 

あがた森魚のバックバンド。後にムーンライダースを結成する鈴木慶一。

 

後に椎名和夫が加入。(山下達郎のツアーバンドに参加やRCサクセションズの『雨上がりの夜空に」のアレンジが有名


はちみつぱい / 煙草路地

吉田拓郎"結婚しようよ"


吉田拓郎 - 結婚しようよ

井上陽水"傘がない" 


傘がない 井上陽水 2016 5

 

 

ガロ"学生街の喫茶店"

どういう流れでこの人達が出てきたのだろう??すぎやまこういち作曲

タツローマニア66(2008年夏)の牧村憲一さんのインタビュー

第二次かぐや姫になったところころで

ガロの「学生街の喫茶店」がもの凄くヒットしていて、負けたくないと思って、すぎやまこういちさんに頼みに言ったら、カントリーフレーバーになったので、違うと思ったので作ったのが「神田川」。元ジャックスの木田高介さんがサウンド作りにさんかして、読んだのがはちみつぱいの武川雅寛さん

ガロがC.S&Nならばグレイトフルデッド行こうとなった。


ガロ 「学生街の喫茶店」

大瀧詠一とココナツ・バンク"ココナツ・ホリデイ"

YouTubeのものは音が悪いので音源なしで、こちらはどんな流れだったのだろう?? 

 参考資料

日本フォーク私的大全 (ちくま文庫)

日本フォーク私的大全 (ちくま文庫)

 
ぼくの好きなキヨシロー

ぼくの好きなキヨシロー

 

また備忘録を兼ねて

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

 

山下達郎サンデーソングブック スイートソウル特集  2003年11月23日オンエア

ファンクラブの会報誌タツローマニアを読んでいたら興味深い特集がありました。

 

 

 




山下達郎 "クリスマス・イブ  "

これは2003年にリマスターしたはずなのでプロモーションでしょう。


 Blue Magic"Sideshow"


Blue Magic - Sideshow


The Moments "Look At Me"  


Look At Me I'm In Love The Moments

Harry Ray "Sweet Baby"


Harry Ray - Sweet Baby

 

 

Smokey Robinson "Tracks Of My Tears" 


The Tracks of My Tears - Smokey Robinson & The Miracles

The Top Shelf "Let Them Keep On Talking" 

これかな?いまいち自信なし。


LET THEM KEEP ON TALKING - TOP SHELF

The Four Mints  "You're My Desire "

あんまり音良くない。


The Four Mints - You're My Desire 1973

The First Class"Coming Back To You"


first class coming back to you



今回のプレイリストはこちら

 

 また備忘録を兼ねて。

 

関連記事

 

www.itsacddansyarilife.work

 

www.itsacddansyarilife.work

 

www.itsacddansyarilife.work

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

 

スウィートソウル特集(2020年10月11日山下達郎サンデーソングブック)

 

 

 

 

非常に良かったので備忘録を兼ねて。

あちらスィートソウルとかの名称は全て造語であったと述べていますね。

で"Quiet Storm"とか"Slow jam"と呼ぶらしいです。Melvin LindseyというワシントンのDJがかけたらしいです。

 

FIRST CLASS ”COMING BACK TO YOU"

ボルティモア出身の4人組。ニュージャージーでGeorge KerrとSylvia Robinsonのプロデュース。バージョンとは違うとのこと。「サンソンでしかかかりません」と言っていました。


first class coming back to you

こちらのP81にありますね。

 

MORNING AFTER "HE WHO LAUGHS LAST LAUGHS"

 フィラルデルフィアの幽霊グループではないか?プロデューサーがJohn Davis。1976年全米チャート98位に引っかかった。


Monday After - He Who Laughs Last Laughs The Best

CONTINENTAL FOUR "LOVING YOU (IS THE NEXT BEST THING TO HEAVEN)" 

フィラデルフィアのグループ。キャリア末期。NY録音。プロデュサーがPatrik Adams。NYダンスシーンの重鎮、

 


The Continental IV - Loving You Is The Next Best Thing To Heaven

70年代中期がアナログオーディオの全盛期だった。

THE INTRIGUES  "IN A MOMENT"

フィラデルフィアのグループ。R&Bチャート10位(1969年)、プロデュースは マーティン&ベル(Bobby martin & Tom Bell"だろう。)


Intrigues In A Moment [Full]

J.KELLY & THE PREMIERS  "SHE CALLS ME BABY" 

74年。シグマサウンドのレコーディング。


J Kelly & The Premiers - She Calls Me Baby [7"] - 1973

THE ELUSIONS "I'D LIKE TO SAY I LOVE YOU"

NY録音。Michael Zagerプロデュースなので録音は大丈夫とのこと。

 


Elusions "I'd Like To Say I Love You" Epic - 1977



以前のスウィートソウル特集はこちら

 

www.itsacddansyarilife.work

www.itsacddansyarilife.work

 

 

 

備忘録を兼ねて,アップします。

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村