It's a CD 断捨離 life

思うところがあって、CDを処分することにしました。4半世紀にわたる音楽遍歴の歴史を振り返りながら、今でも鑑賞に耐えうる良い音楽を紹介していきます。主な守備範囲は、ロック、ソウル。

20日目 フィリーソウル特集

 

前回はコンピ盤が多かったので二回に分けて。

これをみたらフィリーソウルです。

Philadelphia Soulでフィリーソウルです。

フィラデルフィアと言えばまず思い出すのがロッキー。ロッキーが走って階段を上って終着点がフィラデルフィア美術館。

 

そういえばジェームスブラウンもロッキー4に出てましたね。(ブルーズブラザーズの前にみたのはこれが初めてだったかも)


Rocky 1976 - Apollo Creed Ring Entrance (1080p)

このあとアポロが死ぬのが衝撃的でしたが、そういえば続編でドラゴの息子が出てくるみたいですね

wwws.warnerbros.co.jp

話が長くなったですが、これがフィラデルフィアです。

ここも良いソウルがたくさんありまして、メンフィスを中心のサザンソウル。デトロイトのモータウン(シカゴも含めてノーザンソウル)

このフィラデルフィアのソウルがフィリーソウル。地理的にはNYとD.Cの間です。黒人の多い地域になります。

1960年台にカメオパークウェイというのがあって(前にもでました)

Cameo Parkway 1957-1967

Cameo Parkway 1957-1967

 

 その後、カメオパークウェイが倒産して、70年台になって出てきたのがPhiladelphia International Rabel(PIR)です。この中の有名版を集めたCDです。

Philadelphia International: The Collection

Philadelphia International: The Collection

 

 これが4500円ですよ!!

フィリーソウルといえば

世間では面白い視点で語っている人もいて、

日本歌謡にみるフィリーソウル

https://miyearnzzlabo.com/archives/32598

これを見てから「恋するフォーチュンクッキー」がフィリーソウルに思えてきた。

まあ、要は日本人受けするアレンジなんですな。

山下達郎のサンデーソングブックでしばしば出てくる「ギャンブル&ハフ」というのは、PIRで働いていたケニー・ギャンブルとレオン・ハフの作詞作曲コンビのことです。で、トム・ベルっていうのがこのレーベルのアレンジャー。

これであのPIRがフィリーソウルの代名詞ということになります。

調べていたらこんないいコンピがストリーミングで聞けるんですよ。無理して20枚のボックスセット聞かなくてOKです。

ゲット・ダウン・ウィズ・ザ・フィリー・グルーヴ selected by 永井博

ゲット・ダウン・ウィズ・ザ・フィリー・グルーヴ selected by 永井博

 

 トム・ベルはほかにもスタイリスティクスやスピナーズも手掛けており、好みの音楽のアレンジャーとしてすごいな、と思うわけです。

 

まあ、コンピということで残留

 今回は1/1 通算44/180 残したモノ/チェックしたモノ

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村